レトロな人形

人形の買取、 掛軸 陶磁器の買取 武具 切手 おもちゃの買取 着物 アンティーク 古美術の買取など骨董品を出張買取致します。もちろん店舗への持ち込みも大歓迎です。福岡県内外にて無料出張鑑定及び高価買取中!ホームページはhttps://hurumono.net/です。

国鉄の勲章,記章買取りました/骨董品・福岡

国鉄の勲章買取/骨董品・福岡 福岡市城南区より茶道具や鉄瓶、花瓶や茶碗の他、国鉄勲章や記章もお預かりいたしました。 銀製の記章です。「日本国有鉄道功績章」とあります。箱付の状態の良い勲章でした。国が授与する功績章としては、警察庁が功労ある警察官に授与する警察功績章及び消防庁長官から功績ある消防吏員消防団員、消防庁職員に授与する消防庁長官表彰功績章などがある…とあります。ありがとうございました。骨董品買取の福岡玄燈舎では勲章や記章を買取ります。お見積りや査定だけでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。受付年中無休 8:00~20:00

日本人形買取りました!福岡県福岡市 骨董品

骨董品買取でよく見かけますお人形さんは 当然のごとく地元福岡の博多人形ですね。 今回の出張買取でもお譲り頂いた骨董品のなかにもあった 人形は「武吉国明」作の「商売繁盛人形」です。とてもほのぼのとしたお顔と風情で 見るものすべての方を優しくする人相のお人形ですね。 とてもユニークな丁稚の人形でいかにも博多商人を表している骨董の人形です。

f:id:tremolo3247:20210404140508j:plain


伝統工芸士である武吉国明さんは博多人形商工業協同組合理事長 国指定卓越技能保持者(現代の名工)です。 15歳から博多人形師に弟子入り後、23歳で独立し博多人形「千成ひょうたん」が大ヒッします。その後も 写実性にこだわる作品創り、質感の表現を得意とし数々の賞を受賞いたします。 そして平成27年に国指定卓越技能保持者(現代の名工)認定されます。とても良いお品をお預かりしました。大事にお店に飾っております。ありがとうございました。骨董品買取のコラムでした。ではまた

 

昭和レトロなロボット 超合金 箱入り ロボコン

【昭和のロボット】とても懐かしい昭和のおもちゃを買取りました。福岡市内より引っ越しの際の骨董やレトロなものを買取してくださいとのことで出張鑑定、買取に出かけました。ミニカーや作りかけのプラモデル、リカちゃん人形鉄道模型など懐かしいおもちゃがいっぱいの買取でした。その中でもこの超合金ロボットは箱もあり程度もよかったので高価買取致しました。

f:id:tremolo3247:20210309171647j:plain

以外の物に値段が付いたのでお客様は大変喜んでおられました。ロボチョイはがんばれ!!ロボコン 1974年10月4日ー1977年3月25日に出てきます。 走って、裏面の滑車を転がすと、頭が くるくる回転します。 透明ドームの中身の機械の顔は、ロボ メカを彷彿させる、メカニック感です このロボチョイは、メッキがスモーク がかった少しダークなシルバーメッキ です。

ご自宅にあるレトロなおもちゃを買取ります。お気軽にお問い合わせください。
受付年中無休 8:00~20:00
電話050-3569-2100

博多泥めんこ買取りました

博多といえば博多人形や津屋崎人形などの工芸品がありますが

筥崎宮おはじきや泥メンコなどはあまり知られていないようですね。

今回の骨董品出張買取では博多泥めんこを買取致しました。

f:id:tremolo3247:20210210132143j:plain

 

泥面子は江戸時代から明治初期まで流行し、
鉛メンコの登場により衰退しました。その後、鉛メンコは鉛中毒になる恐れが
あることから販売禁止となり、紙メンコに引き継がれました。

千葉付近は江戸時代から五穀豊穣や作物が 病気にならないように虫がつかないようにと祈願したりで 畑にまかれていたそうです。

ではまた…

【肥前有田焼買取】

骨董品買取の福岡玄燈舎です。

とても寒い日が続いておりますがめげずに骨董品買取で毎日

走り回っています。写真の「柘榴」は有田焼です。

f:id:tremolo3247:20210110163211j:plain

田中太郎さんと言って肥前有田焼の名工です。

いかにも熟れて食べごろ感のあるリアルな作品ですね。

骨董品買取の福岡玄燈舎では有田焼の作品や古美術品、書画など買取ります。

受付年中無休 電話050-3569-2100

 

【ブロンズ像買取】

骨董品買取の福岡玄燈舎です。

福岡県筑紫野市骨董品の出張鑑定に伺いました。

今回、買取したお品はバービー人形やプラモデル、鉄腕アトムのおもちゃや

マジンガーゼットの超合金ロボットなど20点ほどのおもちゃが中心でしたが

他にも書画や掛軸、着物や書道具、アンティークなども買取できました。ありがとうご

ざいました。

その一つのブロンズ像は少女のモデルの美術品でした。

f:id:tremolo3247:20210108135701j:plain

≪子供≫をモチーフに制作を続けていまる作家です四人の子供の父親として、日常生活の

子供とのふれあいの中から作品が生まれました。それぞれのテーマごとに表現された純

粋で心和む童心の世界です。 彫刻は正面だけではなく、横顔や後姿、子供の指先や足の

裏まで、どこから見てもみな正面なのです。顔の表情も見る人の目線の角度によって、

ほほえんでいたり、おすまししていたり、物思いにふけっていたりと様々に変化しま

す。

骨董品買取の福岡玄燈舎はブロンズ像買取ります。お気軽にご連絡ください。受付年中無休 電話050-3569-2100

 

 

 

筑前五弦琵琶買取りました 骨董品買取の福岡玄燈舎

先日は和楽器、その中でもとてもレアな五弦琵琶の買取をさせて頂きました。

福岡市西区で踊りを教えていらした方で尺八のほか写真の琵琶や三味線なども

売却したいとのことで出張鑑定を致しました。

琵琶の演奏は古い町家などで昔はよく聞こえてきましたが最近はその風情もなくなり

演奏される方も少なくなったようです。

しかし観賞用の美術骨董品としての価値は出てきているようですね。

f:id:tremolo3247:20201128142546j:plain

 

日本の琵琶には大きく2つの流れがあります。1つは雅楽の合奏に用いられる「楽琵琶(がくびわ)」、もう1つは盲目の僧「琵琶法師(びわほうし)」によって九州地方を中心に宗教音楽の伴奏として用いられた「盲僧琵琶(もうそうびわ)」です。盲僧琵琶は、のちの「平家琵琶(へいけびわ)」「薩摩琵琶(さつまびわ)」「筑前琵琶(ちくぜんびわ)」の源流となりました。 琵琶が人々の間で人気を得たのは、物語に合わせて演奏するというスタイルです。平家琵琶は、平家一族の栄枯盛衰(えいこせいすい)を語る「平曲(へいきょく)」に用いられ、「語り物」音楽のジャンルを確立しました。近代に入って、一般の人々も愛好する「薩摩琵琶」「筑前琵琶」が普及しました。

骨董品買取の福岡玄燈舎では古い琵琶や和楽器買取ります。お気軽にお問い合わせください。受付年中無休 電話050-3569-2100